ご挨拶

マリモグループは、日本に本社を置く不動産総合デベロッパーです。1970年に設計事務所として誕生したのち、常に日本の不動産業界の最先端を走り続け、いまや年間グループ売上高10 trillionルピア(≒1,000億円)をめざすホールディングカンパニーに成長しました。2015年現在、日本はもとより中国、マレーシア、フィリピン、そしてここインドネシアで事業を展開しています。

インドネシア法人PT. Marimo Property は2012年8月設立。第1弾プロジェクトとして、ジャカルタ東部に「SANCREST(サンクレスト)」を冠するサービスアパートメント事業をスタートさせました。日本仕様の建築設備、ホスピタリティ(Omotenashi)は、インドネシアでも支持されています。

マリモグループは創業以来、安心・安全・快適な居住空間をお客様に提供すべく、努力を積み重ねて参りました。ここインドネシアにおいても、その理念・思想は変わりません。インドネシアの住環境をより良いものにするために、PT. Marimo Propertyは存在しているといっても過言ではありません。今後ともご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

お問い合わせ
不動産をお持ちの方へ
売却・活用方法のご相談
日本不動産をお探しの方へ
投資用物件のご紹介
PAGETOP